本文へスキップ

 

Since:2007/05/01

アトミックスライダー AXISKODAWARI COLLABORATION









ついに完成しましたっ!


その名は、


「アトミックスライダー・AXIS (アクシス)」


決して、シャアが地球連邦政府高官アデナウアー・パラヤから買って地球に落そうと試み最後の最後に共振する
サイコフレームの光と共にアムロの乗るニューガンダムに押し返された隕石の名前ではありません!あちらは
語尾のに濁点が付いておりますのでねぇ。(笑)


地軸、軸となる物という意味を持つ“AXIS”と名付けられたこのライン、文字通り大物投げ釣り仕掛け・モトス専用
ラインとなっており、少し前に北海道向けに発売されたNORTH FIELDの本州バージョンってとこでしょうか?
号数設定は吹き流し仕掛けでは定番中の定番“8号”で、エクスカリバーのみ“10号”も追加されての登場。

ご覧の通りカラーラインナップも3色リリースされ、座布団ガレイ、大キス始めカワハギ、アイナメ他様々な作戦に
バリエーションを持って対応できるようになっております。




その中でも一際目を引くのは“ホワイト”カラーの存在ではないでしょうか?こちらだけは製造段階から他の2色とは
全く違った製造工程を踏んでおり完全なる別物!おそらく投げ釣りをしない人含め、誰が触り比べてもその違いは
明確に分かる程の仕上がりになっております。


モトス専用ラインとして白というカラーはできないんでしょうか?」


という発案が現実の物になっちゃいました!




まずはそのホワイトラインからご紹介していきましょう ♪









「アトミックスライダー・AXIS - ホワイトブレイド -


“Excalibur -エクスカリバー-”と名付けられたこのバージョンは、先にも書きましたが他の2種類とは全くの別物
と考えて頂きたいと思います。

製造段階から普段はハリスに用いられるナイロンの最高品質部分のみを使用し、磯のモンスターとも呼ばれる石鯛や
口白をねじ伏せる強靭なラインの製造エッセンスを加えた上で更に大物投げ釣り仕掛けに求められる伸張性、瀬ズレ
&摩耗に対する強度、結束強度などをベースにチューンアップ!

製造元がこの技術はなかなか真似ができないはず!と断言する程のそのクオリティーはある意味モトス専用として
使うにはもったいないくらいの最高峰。「AXIS」シリーズの他2色と同様に長い仕掛けを作る場合にも絡みにくく、
巻きグセが付きにくいという特徴は当然、アタリの伝導性を考慮し抑え気味の伸度は更に強化されております。

仮に釣り自体しない方が他のナイロンラインと触り比べてみても、指を通して受けるその感触&印象は確実に違うと
あからさまに分かるくらいの特徴でパリっとした芯の強さは圧倒的にフロロカーボンに近く、これまでのナイロン
ラインの概念を必ずや覆してくると思います。


ホワイトのモトスならカラーリングとしてもクリアーハリスからピンク、ブラウンにも自然にマッチしてくれますし、
正反対のブラックをハリスに持ってきてもどこからがハリス部か分かり易くていい感じに落ち着いてくれます。
これまたかなり昔に流行った分」ってガムみたく(← おお〜っ、超懐かしい!)不思議だけど絶妙な調和が
生まれちゃいますねぇ。

ここで他製品の追随を許さない程の直線性に優れた領域を実現した残りの2種類のミステリアスブラックと比較
してみますが、ご覧の通りエクスカリバーは更にそれを上回っているのが一目瞭然!










“ホワイトブレイド”


“まばゆく光る白い剣”という意味を持ち、根掛かりが多発するシモリ回り、瀬ズレが懸念される急峻なカケアガリ、
また長い仕掛けを絶対に絡まさず遠投を繰り出したい場合など通常では困難とされる条件下を前提に設計されている
事から如何なる難所も切り裂く鋭い剣をモチーフにしています。

また称号として付けられた“エクスカリバー”とは日本ではファイナルファンタジーだったかな?他様々なRPGなんか
でもその名前が広く使われておりますが、実際には英文学史で有名な古代ブリテン王国に伝わるアーサー王物語
に登場する水の中から石に突き刺さったまま現れたという神剣の事。物語ではこの剣を抜きし者が王であるという
言い伝えであり、ヨーロッパに伝わる戦記などには必ずや最強の武器を表す象徴となって登場することから現代の
知名度にも繋がっているんでしょう。

あっ!ちなみに、、、いつぞや大ブレークしたアニメでやぎ座・カプリコーンのシュラが最大奥義としていたのとは
ちょこっと違いますので、、、でも、あれはあれでカッコ良かった!(爆)


パッケージにも“遠征・磯魚対応”と書いてあるよ〜に、シモリだらけの海底かもしれないデータの少ない未開の戦場
から瀬ズレ&摩耗が激しい磯場でアイナメ、ソイ、カワハギなどを狙う際、また、座布団ガレイ、大キス狙いの外道
で大マダイ、コロダイやスズキといった思わぬ大物がアタってくる可能性のある戦場などあらゆるシーンに余裕を
持って対応できるのがこのホワイトブレイドとなります。


特筆すべき特徴を挙げてみますと、


非常に張りが強く形状記憶合金の様に直線に戻ろうとする性質
スベスベとした手触りの特殊コーティングは極度な瀬ズレ、摩耗に対応
結束強度が強く、またスナズリといった撚り糸が他には無い程容易に作れる
アタリ伝導率はフロロに近く鋭敏かつ、瞬時の引っ張りにはナイロンの柔軟性



ほんとのほんとにお世辞など一切抜きにして、JCAが知る限りこれ以上のモトス用ラインは現行では存在しません!
これだけ断言できちゃうのも自分でも不思議なくらい、、、超〜お勧めです。














「アトミックスライダー・AXIS - ミステリアスブラック -


あっ、そうそう!この“AXIS”って名前、その昔TM NETWORKのバッタもん?みたいな感じで出てきて結構若い女性
の間で人気があったハイトーンヴォーカルとギターみたいな形のキーボードを持って踊って歌う男性2人のユニット
でもありません!やたらとボディタッチなど絡みが多い2人だったよ〜な記憶も、、、

でもJCAもちょこっと好きだったりして。(爆)


ラインの製造工程&性質的にはアリュールレッドと同じなミステリアスブラックですが、こちらはみなさんお分かり
のよ〜に完全カモフラージュ色となっており、水温が高くエサ取りがわんさか居る中で乗っ込みカレイ、大キス、他
様々な作戦に幅広くに有効なカラー。

特にサバフグなんかが湧いている時は昼夜問わず、光を少しでも反射するラインだとことごとく噛み切られてしまう
可能性がありますが、ブラックカラーだけは効果絶大でラインブレイクを軽減できます。


パラパラパラ〜っと適当にラインを引っ張り出してみますとその違いは歴然!


今度はJCAがこれまでモトス用ラインとしてずっと愛用してきた某メーカーの同じナイロン、ブラック8号と
「AXIS」を比較してみましたっ。








“ミステリアスブラック”


黒は黒でも「AXIS」のは“神秘の黒”、完全な艶消しではないどこか透明に謎めいた妖しく映るその黒は異次元色!
あはは、、、ちょこっと言い過ぎでしたかねぇ?(爆)

やはり特徴としては張りがあって絡みにくい、巻きグセが付きにくい、瀬ズレに強いといった投げ釣り仕掛けに
求められる要素を最重要視した設計になっており、伸度もアタリの伝導性を高める為に抑え気味な硬め設定。

当然、突発的に起こる強烈な引きに対処できるよう、硬めながらもナイロンの特性を生かし、ある一定のポイントを
超えると柔軟性が得られるよう設計されており魚にも一切違和感を与えません。その為に染色に関してもあくまで
ライン特性を優先してカラーリングしてあるクオリティーメイン!


仕掛け作りの面など実際に既存のブラックラインと比較してもらえればその違いはお分かりになるかと思いますし、
後は個人のライン特性の好みによるかと。もちろん
JCAに関してはお勧めしてるからには現行のモトス専用ナイロンラインでは「AXIS」
最強だと思っております。













「アトミックスライダー・AXIS - アリュールレッド -


春にかけて始まる戻りカレイ・シーズン、みなさんよく愛用されるのがド派手仕掛けじゃないでしょうか?

赤やら黄色、ゴールド、シルバーといったカラフルなビーズ類、毛バリ、エッグボールで飾られた仕掛けは見てる
だけでも座布団ガレイが飛び付いてきそ〜な予感がします。ドキドキ、、、(笑)JCAもそ〜ですが、カレイ仕掛けには
特にこだわりがあり北海道、東北のここならこの色、瀬戸内海はコレ、山陰、北陸はコレなど色から装飾パターン
まであ〜だこ〜だあくまで自己満足の世界ではありますがこだわりまくっております。


その中でもカレイ作戦で絶対に欠く事ができないカラーに“赤”が挙げられます。


カモフラージュ効果があるカラーハリスならまだしもモトスの色までは、、、とおっしゃる方も多いかと思いますし
正直わたくしめ自身、色によっては懐疑的になる時もありますがやはり仕掛け全体を通してカラーの統一は図りたい
ので赤系統の装飾なら赤、黒系統の装飾なら黒とラインカラーのチョイスも重要視してます。







“アリュールレッド”


「AXIS」に割り当てられた赤は“誘惑の赤”、カレイのみならず我々人間までもが見てて魅了&惑わされちゃう
よ〜な色っぽい?(笑)誘いの赤となります。

また、カレイ以外にも光りものによく反応するカワハギ仕掛けにもレッドラインは人気ですし、北海道の襟裳など
コンブ根帯でカジカやウサギアイナメを狙うネット仕掛けのモトスにもダブルラインにしたナイロン8号が使用されて
おります。レッドラインと言えばど〜しても投げ釣りではカレイが思い浮かびますが用途はいろいろありますねぇ。

上の写真にもありますよ〜に、絶妙なカラーバランスによってアリュールレッドはデイタイムはもちろん、更に
朝夕マズメ時期においても黒っぽくはならずしっかり赤が鮮やかに浮かび上がってくるんです!凄いでしょ?



吹き流しスタイルなど投げ釣り仕掛けのモトス部専用に!というコンセプトをベースに張りがあって絡みにくい、
巻きグセが付きにくい、瀬ズレに強いといった要素を特化させて設計されており、伸度的には各メーカーが発売
しているナイロンラインより抑えた硬めの設定。また、仕掛けを作る際に求められる2本撚り、3本撚り、チチワ、
結束強度まで全てにおいて投げ釣り専用に生み出されております。

また、突発的に起こる強烈な引きに対処できるよう、硬めながらもナイロンの特性を生かし、ある一定のポイントを
超えると柔軟性が得られるよう設計されており魚にも一切違和感を与えません。その為に染色に関してもあくまで
ライン特性を優先してカラーリングしてある完全クオリティーメイン仕様。


これまでもカレイ作戦では何社かのレッド、ブラックラインを愛用してきてますが、「AXIS」はもう少しここが
こんなだったらなぁ〜、、、やらこの点においては優れているけど強度面が、、、みたく欲張れば足りないと
感じてた欠点を全てクリアしているのでJCAとしては理想が形になった逸品と言えます。

ぜひぜひお試しあれ〜 ♪ 得はしても損はしませんよぉ。








バナースペース

コラボレーションアイテムT

■ vol.1: アトミック 投
■ vol.2: アトミック AXIS
■ vol.3: アトミック NORTH FIELD
■ vol.4: ティンクルスペシャル
■ vol.5: SEA FORCE SURF
■ vol.6: 遠投スラスト天秤
■ vol.7: 先オモリ遠投仕掛 “華麗”